ヴォイス〜命なき者の声〜

「ヴォイス〜命なき者の声〜」の有益情報をお届け!

ドラマで幸せBlog

国内ドラマや海外ドラマのあらすじや感想、情報などを書いています。ネタバレあり。

スポンサードリンク

2009年03月25日

「ヴォイス〜命なき者の声」最終回 それぞれの明日へ

最終回は、女子高生による正当防衛に見せかけた
殺人事件でした。

ん〜、なんでこんな難しい事件が簡単に扱われたん
だろう?

成瀬(ダンカン)を刺し殺してしまった女子高生の
潔美ちゃん(今野成美)。
あの後、どうなったのかなってスゴク気になってます。

もちろん、殺人はいけない事ですが、
潔美ちゃんの気持ち、よくわかります。

成瀬のせいで親友は自殺してしまったのに、
不起訴になり結婚して幸せに暮らしているのが
許せなかったって。

当然だと思いませんか?

中学生に強制わいせつしたんですよ。
その人が「なんであんなことしたんだろう」って
後悔の日々を送っていたって本当かナ。
事件から3年しかたってないのに、結婚までしてるし。

調べてみたら、強姦罪は、被害者等の告訴が
起訴するための条件だそうです。

潔美ちゃんの親友の事件は、
親が告訴を取り下げたから不起訴になったんでしたね。

最終回のオハナシ、
亡くなった人の最後の声を聞いて、事件解決!
よくやった!っていう気分にはなれませんでした。
残念です。

TVサントラ/ヴォイス〜命なき者の声〜

矢田亜希子 写真集 De mi´corazo´n


続きを読む
2009年03月17日

「ヴォイス〜命なき者の声」10話 真実

医療ミスじゃなかったんですね。

亮介(生田斗真)と院長(名高達男)の親子対決に
なっちゃって、どうなることかと思いましたが、
親子関係は良い感じになりましたね。
ホッとしました。

それにしても、すごく重い内容で。
尊厳死って。

大己(瑛太)たちが気づかなかったら、
医療ミスも、尊厳死もわからなかったんですよね。
そしたら、担当医の梅木先生がスゴク可哀想なことに
なってたなと思いました。

亮介パパは、「君の将来のためだ」みたいなコトを
言って、カルテを改ざんし、いかにも梅木先生を
庇ってあげてます。って感じだったから。

梅木先生は、ずっと悩み続けることになってたかも
しれません。

やっぱり真実がわかって、良かったのかなと思います。

だけど、亡くなった桜井さんの奥さんが、
「主人のわがままに最後までつきあってくれて、
ありがとうございました」って言ったのには、
違和感をおぼえました。

それだけですか?って思いませんでした?
あなたのご主人のわがままで、病院も院長も大変な
ことになってるんですよ!

まぁ、わがままを聞かないこともできたのに、
聞いてあげたのは院長なんですけどね。


ヴォイス〜命なき者の声「オリジナルサウンドトラック」メール便は送料無料


生田斗真さん劇中使用モデルのキッズ&レディース用

ティンバーランド ブーツ ウィートヌバック 22.5〜24.5cm


続きを読む
2009年02月17日

「ヴォイス」6話 寂しさが生んだ病

5話のおさらいはコチラからどうぞ

生きている人を診る、新しいパターンでしたね。

6話の<あらすじ
亮介(生田斗真)の父親が経営する病院の入院患者を
診ることになった玲子(矢田亜希子)たち。
ゼミ生は、生きている患者を診ると聞き驚く。
入院患者は中学生の朋子(志田未来)。
兄・泰人(石田卓也)に付き添われ、救急車で搬送
され、偽膜性大腸炎と診断された。
しかし、血液検査は異常なし。
半年前から大腸炎にかかり何度も通院し、処方された
薬を飲んでいる。
にもかかわらず、症状は悪化していた。
そこで、ミュンヒハウゼン症候群が疑われたのだ。
朋子に会った亮介は、明るくて友達も多そうな彼女が
自分から病気になっているとは思えなかった。
だが、朋子の血中から、偽膜性大腸炎を発症できる
ペニシリンが見つかる。
泰人は薬科大に通っており、ペニシリンが不正に
持ち出されていたことが判明。
さらに、バイトが休みの日と通院の日が一致し、
泰人の虐待が疑われるが・・・。

*ミュンヒハウゼン症候群
他人の関心を得ようとするあまり、偽の症状を
作り出し、通院や入院を繰り返す症状(公式HPより)

以下、感想です。

石田卓也さん主演作品

石原さとみさん劇中使用モデル
※こちらの商品は、 今回が最後の製作分です!【最終製作!】サージュ・マルチトート

続きを読む
2009年02月10日

「ヴォイス」5話 息子のために

4話のおさらいはコチラからどうぞ

私も茶柱が立ったら、写真撮っちゃいます。多分。

5話の<あらすじ
大学の解剖室に、男性の遺体が運ばれてくる。
岡原浩介(吹越満)、ゴシップ誌専門のフリーの
カメラマンだった。
遺留品の、有名人の不倫現場を押さえた写真の中に、
なぜか「めんつゆ」の写真が1枚あった。
遺体発見現場は、なぜか田舎の民家の鶏小屋の前。
死因はエコノミークラス症候群。
なぜそんな所で亡くなっていたのか疑問を持った
大己(瑛太)、亮介(生田斗真)、彰(佐藤智仁)は、
死因究明のため現場へ。
手がかりはなく、今度は岡原の元妻のところへ。
岡原には8歳の息子がいたのだ。
息子のためにも、頑張るゼミ生。
そんな時、蕪木(泉谷しげる)から課題を出される。
佳奈子(石原さとみ)や哲平(遠藤雄弥)らゼミ生が
苦戦するなか、大己はデータ分析もせず、課題を
解いてしまう。
その答えが、この事件を解明するヒントになるのだった。

以下、感想です。

主題歌もイイけどコチラもおすすめ


生田斗真さんがドラマで使用して大人気!

フライターグ メッセンジャーバッグ


続きを読む
posted at 12:44
カテゴリー:ヴォイス〜命なき者の声〜
エントリー:「ヴォイス」5話 息子のために
2009年02月03日

「ヴォイス」4話 男のプライド

3話のおさらいはコチラからどうぞ

キャベツの千切りには何をかけますか?

4話の<あらすじ
医学部の解剖室に運ばれてきた遺体は、亮介(生田斗真
の高校時の友人、五十嵐富士夫(田中圭)だった。
遺体発見現場の富士夫の部屋に残されていたのは、
大麻の吸殻、シーフードピザ、卒業アルバムなど。
解剖の結果、死因は窒息死。
しかし、逮捕された高沢は、犯行を否認。
その後の血液検査で、富士夫はアナフィラキシーショックを
起こしていたことが判明。
富士夫にはエビのアレルギーがあった。
シーフードピザを食べ、アレルギーを起こし、窒息死した。
解明されたかのように見えたが、大己(瑛太)は、
真実と向き合ってない気がすると言い、調査を続ける。
父親によると、富士夫はエビを食べると死ぬと
分かっていたようだ。
大麻の摂取量は少なく、意識が朦朧とするほどではなかった。
そして、現場に残されていたジュースの入ったコップに
富士夫のケータイが入れられていたこと、卒業アルバム
などから、大己が閃いたのは・・・。

以下、感想です。

ドラマの主題歌
GReeeeN/刹那(初回限定盤/CD+DVD)(CD)

続きを読む
posted at 14:37
カテゴリー:ヴォイス〜命なき者の声〜
エントリー:「ヴォイス」4話 男のプライド
2009年01月27日

「ヴォイス」3話 母の死因は優しさ?!

2話のおさらいはコチラからどうぞ

関西では、やしきたかじんさんなんですね。

3話の<あらすじ
医学部の解剖室に遺体が運びこまれる。
40歳の女性で、タクシーの中で突然死した。
佐川教授(時任三郎)は、遺体を見て、死因は
クラッシュシンドロームではないかと言う。
その証拠ともいえるアザを見た佳奈子(石原さとみ)は、
15年前、母親が亡くなった時のアザに似ていると
大己(瑛太)と亮介(生田斗真)に話す。
心臓発作で亡くなったと言われたが、昨日までなかった
アザがあることに気づき、不審に思っていた佳奈子。
そのことが、法医学を志すきっかけになっていた。
大己の提案で、佳奈子の母・雪子の死因を調べることに
した3人。
当時、雪子が勤めていた工場へ行く。
雪子は、タイムカードをおした後なのに、
デスクに戻り、座ったまま亡くなっていた。
そこで見つけた雪子の手袋に付着していた成分を聞き、
何かをひらめいた大己は・・・。

クラッシュシンドローム
事故などで身体が長時間圧迫された後に
急に開放されると、カリウムなどが過剰に放出され、
心不全を引き起こすこと。

以下、感想です。



=DVD 大特価=石原さとみ 主演■ 窓を開けたら ■続きを読む
2009年01月20日

「ヴォイス」2話 卵持って感電した男

1話のおさらいはコチラからどうぞ

こういう事ってあるんですね。

2話の<あらすじ
東凛大学医学部の解剖室に遺体が運びこまれる。
35歳の佐野という男で、自宅からわずか300mの
所で倒れていた。
手には、生卵を入れたビニール袋。
警察は急性の心臓死を疑うが、佐野の妻(鶴田真由)は
信じられないと言う。
佐川教授(時任三郎)は、佐野の手に感電した痕を見つける。
大己(瑛太)ら法医学ゼミ生5人は、遺体発見現場へ。
そこは閑静な住宅地で感電するような場所ではなかった。
大己と亮介(生田斗真)は、佐野の妻に話を聞きにいく。
ひどい事を言ってしまったので、指輪を置いて出て行った
と思ったと言う妻。
自分を恨んだまま死んでしまったと悔やんでいる様子。
しかし、実際は正反対だった。

以下、感想です。

解決の鍵を握る映画

クレイマークレイマー


続きを読む
2009年01月13日

「ヴォイス〜命なき者の声〜」初回 法医学ゼミスタート

ゼミ生と一緒に学んで、推理できる感じですね。
視聴率は17.7%(関東地区・ビデオリサーチ調べ)

1話の<あらすじ
東凛大学医学部4年の加地大己(瑛太)は、
第一志望の「心臓外科学ゼミ」に落ち、法医学ゼミへ。
そのゼミに合格したのは5人。
同級の石末亮介(生田斗真)は第一志望。
久保秋佳奈子(石原さとみ)は「脳神経外科学ゼミ」を
けって、このゼミへ。
そして、桐畑哲平(遠藤雄弥)、羽井彰(佐藤智仁)。
教授は佐川文彦(時任三郎)、助教は夏井川玲子(矢田亜希子)。
佐川は、第一志望に受かっていた大己を移動させていた。
理由は法医学に向いていると思うから。
初めて会った時からそう思っていた佐川。
実はこの2人、15年前の地下鉄事故で出会っていた。
いきなり司法解剖に立ち会うことになったゼミ生5人。
50才の男性が落下物の下敷きになったようだ。
10m上から30sくらいの物が落ちてきたと思われる。
何が落ちてきたのか、なぜおでこに陥没があるのか、
疑問を持ち、現場に行く。
玲子先生に叱られるが、また現場へ行き、聞き込みをする
大己。
野球嫌いで離婚暦ありという情報を得る。
発見された時の格好から、何かを受け止めたのではと推理する。
その落下物とは意外なものだった。

以下、感想です。



生田斗真のいろいろ

続きを読む
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。